« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

amazon突発セール

決算期のせいか、amazonで急に安くなる商品があります。

Dsc03333

アルター製 1/7 シグナム 3373円(定価9240円)

グッドスマイルカンパニー製 1/8 ヒヨリ・ピクシー 2449円(定価7200円)

どちらも決して悪くない出来、というより良作の部類です。

Dsc03338

とても凛々しい表情。

Dsc03342

そして眩しすぎるふともも。

Dsc03343

こちらは、ヒヨリ・ピクシー。エロゲーキャラですが、元ネタ知りません。

メリッサといい、チューアといい、ユニゾンソフトのキャラは立体化に恵まれています。

Dsc03347 Dsc03352

ものすごい衣装、ていうか紐です。

こんな格好ですが、優しいお姉さんキャラなんだそうです。

Dsc03357

取れます。

頭のカボチャ帽子は、マグネットでくっつくようになっていたりと、妙に気が利いています。

Dsc03331

それにしても、アルターのなのはシリーズは、日本の住宅事情に容赦がありません。

次に出るフェイトさんは、更に大きくなるとか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

アルターはやて

問屋殺しとも言われる巨大なパッケージで、出来がいい割にお求めやすいお値段になってしまっている、アルターの八神はやてちゃん(19)ですが、少しだけ手を入れてみます。

Dsc03319

1/7スケール(1/6に近いと思う)という大きめの造形にしては、顔部分の情報密度が低いというか、ややのっぺりしている印象があります。

なので、頬と顔の中心に、パステルのオレンジで軽くシャドウを入れます。(顔の中心は、写真では見えないくらい薄く)

これだけでも、ずいぶんと印象が変わります。幼い感じが出たというか。(19歳だけど)

Dsc03327

ホント、置き場所さえなんとかなれば、いいフィギュアですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

放課後プレイ

Dsc03316

流行っているというので、買ってみました。

なるほど・・・これは新しいかもしれない。

ワガママで暴力的(黒ストッキングで足蹴り専門)だけど、優しくされるとメロメロになる、防御力ゼロのヒロイン。

電撃PlayStation掲載の四コマなのに、無駄に表情がエロいです。

姉属性の人には特にお勧め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

figmaはやて ぷち改造

前に買ったfigmaはやて、写真をアップしたときにも書きましたが、どうにも帽子が大きすぎるのが気になってました。

Dsc03229

なんか厚ぼったいかんじなんですね。

Dsc03233

1/7のものと比較。特に前部が大きいようです。

それならと、

Dsc03254

ガリガリ削って、パテで整形。

左右対称とかもあまり気にせず、大雑把に削りました。

Dsc03311 Dsc03309

こんな感じになりました。かなり自分のイメージに近付いたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

制服BODYコレクション その2

制服BODYコレクション続き。

Dsc03299

チャイナ服(赤)+凛、チャイナ服(青)+はやて。

激しく水商売の臭いがします。

ノースリーブに腕を繋ぐと、どうしても目立ってしまうので、ビニールテープで隠してます。

Dsc03301

バニー(黒)+フェイトさん、バニー(白)+なのはさん。

色合い的に、フェイトさんは似合いすぎ。

腕の繋ぎ目には、ストローをマッキーで黒く塗ったものを付けてみました。

ウサ耳パーツは、基部が厚すぎてちょっと目立つので、薄いプラ板か何かに換えた方がいいかも。

そう言えば今日のfigma展示会で、首から下をすげ替えるユニフォームボディの企画案が出てたみたいです。

和服とかメイド服とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

制服BODYコレクション

注文していた、制服BODYコレクションが届いたので、加工の済んだものからアップしてみます。

Dsc03286

巫女服(赤)+燦ちゃんヘッド。耳を付けてると、我が家のお稲荷さま・・・?

袴は取り外すことが可能。そして下着は着けず。

製作者の妙なこだわりが感じられます。

Dsc03290

セーラー服(赤・緑)+リン・レン。

レンくんの違和感の無さに驚く。レンきゅんと呼ぼう。

服の丈が異様に短いのは、「コスプレ」ボディという商品コンセプトのため。

女子高生の体ではなく、大人がコスプレしているのを立体化したということですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

figmaサイクル塗装完了

Dsc03276

有休を利用して、figmaサイクルを塗装。

車輪、ハンドル、ペダル、サドルを、シルバーとブラックの2色で使って塗り分けしただけですが。

ちゃちゃっと仕上げるつもりが、ペダルの回転軸を誤って塗装してしまって、動きが固くなり、シンナーで塗料を落としているうちにABSが脆くなって破損・・・とか、意外と時間が掛かってしまいました。

普通のシルバーだと、ちょっと安っぽくなるので、リアリティを持たしたいなら何かしらのメタル塗料を使うといいかも。

でも、ガシガシ動かして遊ぶのなら、剥がれてもリタッチで修復しやすい基本色の方が楽です。

シルバーと言えば、クレオスのメッキシルバー(瓶、ガンダムマーカー)が生産終了になるとか。

粒子感のない綺麗なシルバーを簡単に出せるから、重宝してたのに。

週末のジョーシンでは、最後の需要を見越してか、不自然なほど入荷していました。→買い溜めしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

figma増殖中

Dsc03266

瀬戸の燦ちゃん。

顔の造形は、かなりアニメに忠実で可愛いです。

オプションは、長ドス、ネコ耳、人魚下半身と、最近のfigmaにしては豪華。

長ドスはちゃんと鞘に収めることが可能。ちょっと柄が太くなってしまってますが。

Dsc03268

予約していた柔王丸・桜姫も到着。

実はプラレス3四郎はあんまりよく知らなくて、アニメをたまに見ていたくらい。(子供の頃、土曜の昼とかにやってたんだよなぁ)

どちらも可動を妨げるものが少なくて、よく動きます。

桜姫の大腿部は、燦ちゃんやハルヒと違って筋肉質に。

Dsc03273

figmaサイクルも組み立て完了。

車輪が景気よく回ります。

ただ組み立てるだけじゃ寂しいので、シルバーとブラックで軽く塗装中。

figmaはこれで一周年ですが、うちにあるのを数えてみたら、実に21体。

キャンペーンにはしっかり買い増してるし、完全に踊らされてる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

figmaサイクルと色々

figmaサイクルキャンペーン実施中。

大阪まで行ってきました。

Dsc03255

手渡し会も行われるソフマップとジョーシンには、昼過ぎから人がいっぱい。

ソフマップの手渡し会整理券は早々に無くなっていました。

ジョーシンでの入場待ち列も2時間前から列が出来て、1時間半前には締め切られたようです。

並ぶ根性がなかったので、燦ちゃん買って、水色サイクルだけ貰ってきました。

それから、もう一つ。

Dsc03258

アトリエ彩 制服BODYコレクション ~王道コスプレ編~

ブルマ、チャイナ服、セーラー服などの、ボディ部だけのフィギュアです。(頭、腕、膝から下は付いていません。)一個だけ残っていたのを買ってきました。

サイズ的に、何故かfigmaの頭部がピッタリ合う代物です。早速、はやてちゃんの頭部を付けてみました。

なじむ。実に!なじむぞ。フハハハハハ。

2.8mmのドリルで、figmaの関節部品が嵌められました。

で、欠けている手足ですが、意外にfigmaには腕が露出しているものが少ないです。

今回買ってきた燦ちゃんが、その数少ない一つ。

Dsc03263

腕を引っこ抜くと、このように丁度二の腕から取れるので、ボディ側に4mm程の穴を掘ってやれば、こちらも実になじみます。

足の方は、ラインの美しさを重視して、figmaより腿が太めになっているので、一体感を出すのはちょと難しそうです。

あまりのフィットぶりに、1BOX注文してしまったのは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

超像可動スタープラチナ

メディコス超像可動スタープラチナ

Dsc03249

ジョジョアクションフィギュアシリーズの第1弾、承太郎のスタンド、スタープラチナです。

表情2種、手首4種付き。(原作でもちょっとしか出なかった、スターフィンガー用手首まで。)

Dsc03243 Dsc03247 Dsc03236

肘・膝は2重関節になっており、90°以上曲げることが可能。

その分、伸ばしているときには球体関節パーツが少々目立ちますが、スタープラチナは丁度そこにアーマーを付けているので、あまり気になりません。

figmaと同等以上に可動域があり、アクションフィギュアとしては十分値段以上の価値があると思います。

(一部、塗料が癒着している関節があるので、開封後は一度お湯につけることを推奨します。うちのは、右腕上腕と肩が危なかったです。)

本体の承太郎は1ヶ月遅れで発売。

どうしても、スタンド単体だと何か物足りなさを感じるので、早く並べてみたい。

ちゃんと本体とスタンドが接近して並べられる様に、2つのベースをドッキングできる形にしてある辺り、気配りが行き届き過ぎてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »