« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

24時間

ゲームセンターCX 24時間生放送を、録画しながら見てます。(今半分くらい見たところ)

出来るだけライブで追いかけていこうと思っていましたが、「レミングス」を延々見続けるのは結構苦痛。

地味(それでいてやたら高難度)なパズルゲームは、長時間番組に向かないと思うんだけど・・・。

Dsc03594

テレビを見ながら片手間に、ワンフェスで買ってきたギン姉(木神工房製)を組み立て中。

関節パーツは、figmaの八神はやてから持ってくるようになっています。

パーツの状態はそこそこですが、関節パーツの埋め込み部の精度はイマイチで、彫り直したり、瞬着で調整したりする必要があります。

あと、塗装が大変そう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

サマーウォーズ

Dsc03593

サマーウォーズ見てきました。

(公開されてるのをすっかり忘れていて、事前の予備知識ゼロの状態で)

宣伝ポスター・パンフのイラストは青い空と自然の緑が眩しい田舎風景で、「高校生の一夏の思い出」みたいなのを想像してたんですが、意外にもスケールの大きなお話で驚きました。

ストーリーの主軸は、大まかに言うと「サイバーテロと戦う大家族」。

でも、使命感に燃えて懸命に戦うというより、普通の親戚付き合いの延長で、妙な連帯感から力を合わせて団結していくアットホームコメディです。

ネット内の激しい戦いの合間に、料理の準備や高校野球に夢中になる主婦たちの描写があったりして、2つの世界の対比がとても印象的。

演出的にも、TVで指名手配(?)写真をみて固まる人たちとか、漁船が投げ込まれて池から飛び出してくる鯉とか、いつ見てもピンチな投手の顔とか、アニメならではの絵面がいちいち面白いです。

登場人物は基本的にいい人ばかりで、後半は涙腺が緩むことしばしば。

文句なくお勧めです。

「カズマ君は実は女でした」オチを最後まで期待してたのは、私一人ではあるまい。

(pixivでサマーウォーズを検索すると、カズマばっかりだったり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

コミケ終わって

夏コミ後、いきなり翌日から仕事が詰まっていたため、かなり参っていました。

3日目に買った本なんか、まだほとんど読めてないよ。

今回のコミケの話題は、なんと言っても2日目の局地的な混雑でしょう。

3日間体制での2日目というのは、割と空く日なんですが、今回は東方物がこの日になり、更に東1ホールに配置されたもんだから、もう大変なことに。

西入場口からの列と、西→東に移動する人の列が混ざって、中も外も大渋滞。

9時台に到着して、12時過ぎまでは入れないとか、近年のコミケではなかなか無い体験でした。

次回から警戒しておこう。

3日目はいつも通りの売り子。

けいおんブームに間接的に乗っかったり、流れでお隣さんのサークルの分まで会計やったりと、結構忙しかったですよ。(最後の方、引き算が危うかったです)

やっぱりイベントは楽しいですな。

<買った本>
オリジナル 18冊
なのは 9
けいおん! 5
ヱヴァ 4
ストライクウィッチーズ 3
ハルヒ 3
マクロス 2
ドラえもん 2
放課後プレイ 1
世界樹 1
セブンスドラゴン 1
マリみて 1
とらドラ 1
ヴァンガードプリンセス 1
ファイアボール 1
禁書目録 1

ジャンルとしては、大方の予想通りけいおんが多かったです。あとは、が結構。ヱヴァも復権。

前回多かった、かんなぎストライクウィッチーズは一気に収束していて、流行り廃りの速さに驚かされます。

ファイアボール本は、もう少しあると思ったんだけどなぁ・・・。一応ディズニーだから?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

シューティングヒストリカ3

ワンフェスで浮かれていたために、コミケの方のサークルチェックが進んでません。

そんな中、更に作業送らせるアイテムが到着。

YUJIN シューティングヒストリカ3SP

Dsc03578_2

Dsc03585

往年のシューティングゲームのメカをトレフィグサイズで再現した、ターゲット限定なアイテム。

写真は、今回のラインナップの中でお気に入りの、雷電とウルフファング。

ウルフファングは、エレクトリッガー+ナックルショット+2足ホバー装備の彗星と、ホーミングミサイル+ビームサーベル+2足ホバー装備の雪風

これにおまけパーツの4脚パーツが付属して、装備の組み替えが出来ます。

写真の4足は、エレクトリガー+ビームサーベル+4脚走行で、麒麟。プレイしてた時の愛機です。

更に、後に発売されるビデオゲームロボティクスでは、グレネードランチャー+アイアンクロウ+2足滑走の王牙が出ます。

こうなると、フレイムランチャー+パイルバンカー+6輪操舵の大蛇が、イベントでしか売られなかったのが残念でなりません。

・・・えー、20代以下にはさっぱりな話題ですね。

雷電の方は、PVC、ABS、金属パーツを組み合わせた贅沢なアイテム。

ノーマル←→パワーアップ状態を、変形+組み替えで再現できます。

ただ、可動部の軸にほとんど摩擦がないため、そのまま組んでもプラプラになり、巷ではハズレ扱いされてしまっている始末。

Dsc03588

対策として、軸部分に木工ボンドを流し込んで乾燥させると、適度な摩擦を得られます。

(また、内側の2箇所を1.5mm真鍮線に換えておくと、強度が上がると思います。)

差し替えが必要なら、変形機構なんか無理して入れることないじゃんとも言えますが、そこはそれ、ロマン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »