« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月15日 (水)

ワンフェス2012冬

ワンフェス行ってきたー。

今回は、主に企業ゾーンで展示やステージイベントを見てたりしました。
悠木碧ちゃんは可愛い。娘にしたくなるくらいです。

企業物の傾向は、大体想定通りといった印象。
(前情報も色々出ていたので、サプライズ的な物はあまり無かったように思います)

時期的に、ホライゾンなんかはまだまだでしょうか。

 

買ってきたのは、下の2点。

Dsc04680

リキッドストーンのペンギンセットと、りゅんりゅん亭のベリオ装備。

本命はキリンS装備でしたが、やっぱり買えず。
ベリオはカラーレジン製ではなく、普通のホワイトレジン製なんですが、なんとかがんばります。

ペンギンは、思っていた以上に小さく、可愛かったので、勢いで購入。
相変わらずの変態的なパーツ分割に驚かされます。

 

とりあえずペンギン1号をパッと作ったのですが、気付いた点があったので、もしこのペンギンを買った人がいたら参考にしてみて下さい。

Dsc04684

頭部のW1~W3パーツには、0.5mmプラ板を貼り付けるように指示がありますが、このプラ板は図よりも大きく、

Parts

組んだ時に下のパーツ(W4~W6)の上部に被るくらいした方が良いと思います。

こうしないと、上のパーツが磁石の反発力で押された時に真っ直ぐに上へ押しやられず、斜めになったまま引っかかってしまう可能性があります。(プラ板がガイドレールの役割になります)

それと、ついでにプラ板の上部は、斜めにカットして、引っかかり防止をしておきましょう。

 

あとは、説明書をよく読んで、順番通りに組むのが大切ですね。
特に、頭部と胴の締め具合は、仮組み状態で充分に感触を掴むとよいかと。

(この辺りをかなり適当にやってしまったので、ちょっと首が緩めになってしまいました…。)

| | コメント (0)

2012年2月 7日 (火)

口の塗装

今度の日曜はいよいよワンフェス。

前回の夏は震災の影響や版権の制限もあって、結局行くのを断念したため、久しぶりにテンション上がってきています。
(積みキットがまだまだあるので、今回は買い物はあまりせずに、見学メインにしようと思っています。)

 

で、またランカですが、今日は顔に注目。

サンプルが発表された時から、”?”と思っていたのですが、どうも口の塗装がおかしい気が・・・。

口を開けたフィギュアでは、口内をピンクで塗り、赤で内側の縁を塗るものがありますが、このランカのように上の歯が造形されている場合、上唇と歯の間の空間は、赤の縁取りは不要だと思います。(歯茎みたいに見える)

Dsc04662

ということで、Vカラーシンナーで上側の縁の赤を完全に落とします。
(ついでに側面・下側も、ちょっと赤が強すぎるので、幾分か落としてます。)

こんな感じかな?

| | コメント (0)

2012年2月 4日 (土)

ランカの続き

どうせなら、ということで、ランカはもうバラバラにしてます。

 

Dsc04656

ノワールVerは、腰パーツはグレー一色に塗られています。

短パンを履いている状態で隙間からチラリと見える分にはこういう色もアリかとは思いますが、剥いてしまうと色気に欠けますね。(おまけに本来肌色になっている部分まで、グレーになっています)

 

なので、グレーを一旦落とし、白とピンクに塗り直してみました。

Dsc04658

まだこれから、色移りした部分の修正や、服を着せられるようにする改造とかありますが、ちょこちょこと進めていきます。

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »