« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月 2日 (月)

ストライクウィッチーズ劇場版

ストライクウィッチーズの劇場版を見てきました。
そろそろ見に行きたいなと思っていた所に、ちょうど応援画集の配布があるとのことで。

ストーリー的には、TV2期終了後、芳佳が魔法力を失って故郷で暮らしている所から、501のメンバーに再会するまでの旅路という割とシンプルなものですが、新キャラの静夏の目を通して芳佳の人となりを描くという見せ方は新鮮でした。今まで芳佳を敬愛するというポジションは居ませんでしたし。

芳佳以外のメンバーは、ぞれぞれの赴任地で、501以外のキャラ達と絡んでいます。
TVで最後にちょっと顔出ししただけの、コアなファンしか知らないようなキャラ達が当たり前のように登場して来る辺り、この映画の方向性がよく分かります。

スト魔女の戦闘シーンは、ガンダムなんかと違って、常に動きながらの機銃の掃射がほとんどで、一撃必殺の武器があまり無い分、連続攻撃のカメラアングルに凝っています。
空戦シーンは、個人的にはマクロスFのよりも好きかも。
あと、艦砲射撃や機銃の掃射音、ストライカーユニットのエンジン音の迫力は、映画館ならではですね。

それと、スト魔女といえばズボンですが、戦闘中もやたらと股間がアップになります。
我々はもうすっかり慣らされているとはいえ、大スクリーンで次々とアップになるズボンに、変な笑いがこみ上げます。

Cimg0195

応援画集の方は、B5サイズフルカラーで表紙込み20ページ。まんま同人誌ですね。
表紙はフミカネ氏、中身は14名の同人作家さんのイラストになっています。無料配布物としては豪華すぎるほどのものかと。
表紙で、なんでこの3名が選ばれたのかと思っていましたが、背後で芳佳のシルエットが迫ってきているということは、サイズの大きい娘選抜だったんですね…。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »