« GR○Eで検索ぅ | トップページ | 夏コミ終了 »

2013年7月 5日 (金)

キャラグミン水着秋山殿

ボークスキャラグミンシリーズより、秋山優花里 水着Verです。

このキットは一般販売されておらず、ボークスの有料会員になった上で、送付されている会報に同封されている申込用紙にクレジットカードNo.やらを記入して封書で送り返すという、今時珍しい煩雑な手続きが必要でした。

Cimg0933

スケール表記は1/7ですが、頭部がやや大きめであることを除けば、一般的な1/8物に近いです。
パーツ数はわずか13点。
パーツの精度に関しては、脇の部分がパーツが薄いせいか少々合いが悪く、熱湯で温めて調整しています。

水着の迷彩柄については、モールドも何もないので、エナメル塗料のレッドブラウンでフリーハンドで描いています。
ちょっと不安でしたが、どうとでも誤魔化しが利くので意外と簡単。

Cimg0922

顔は少し弄りました。
ガルパンキャラは鼻はほとんど点で描かれている程度なので、出来るだけ小さく削っています。
口のラインは初め、(多くの女性キャラでそうするように)ピンク系でスミ入れしたのですが、意外とブラウンの方が秋山殿らしく仕上がりました。

Cimg0925

一番面倒なのは帽子の柄の部分。
帽子は青い1パーツなのでオレンジで塗るには、マスキングしてホワイトサフ→オレンジ塗布→柄の凸部分にだけブラックを乗せるという行程が必要になります。

この柄部分だけでも淡い色の別パーツにしてくれれば、格段に楽だったんですが…。

入手法が面倒で、有料会員(1000円/年)になる必要があるということで、少し敷居が高く感じられますが、キットの値段は制服Verよりも1000円安いですし、買ってみる価値は十分あると思います。

ガルパンシリーズについては、リリース済みのあんこうチーム5人の制服Verの他、ライバル校キャラも商品化が決定、西住姉妹の水着Verも通販で出るなど、商品化ラッシュ状態。
ガルパン以外では、ラブライブ、ガルガンティア、イナズマイレブン、サクラ大戦3なども。

キャラグミンはキット販売なので、リリースまでがとても短く、マイナー気味なキャラの少量生産にも向いています。(って、ガレージキットの特長そのままですね)
PVC完成品の値段が異常なほどの高騰を続ける中、レジンキットはカラー分けされていることを考えればむしろ安いとも言えます。
ガンプラ以外作ったことがないという層が多い中、こういう組み立てキットが盛り上がるのは嬉しいですね。
組むの楽しいですよ、ホント。

|

« GR○Eで検索ぅ | トップページ | 夏コミ終了 »

フィギュア・模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GR○Eで検索ぅ | トップページ | 夏コミ終了 »